フクダリーガルのしくみ変革に対する関わり

〜「士業から日本の生産性を上げる」〜

I.これまでの関わり
  1.技術
  正確・迅速な登記申請手続き

  2.知見
  (1)実体判断(安全性判断)
  (2)合理的な登記申請手続き

II.これからの関わり
   1.進化・・これまでの関わりをさらに進化させること
   進化の諸段階、諸局面
   (1)登記申請の局面
     1 第一段階
      i.技術(申請手続き)の合理化
      ii.知見の共有方法の合理化
     2 第二段階
      i.技術(申請手続き)のデジタル化
      ii.知見の共有方法のデジタル化
  (2)取引の局面
     1 第一段階
       i.技術(取引手段)の合理化
       ii.知見の共有方法の合理化
     2 第二段階
      i.技術(取引手段)のデジタル化
       ii.知見の共有方法のデジタル化
   2.変革・・取引の構造そのものを変革すること
     変革の諸段階、諸局面
     (1)第一段階
     申請手続きを要しない構造
     (2)第ニ段階
     登記記録、取引記録の方法そのものの変革
     (3)第三段階
     取引構造そのものの変革



関連記事一覧
  • フクダリーガルコントラクツ&サービシスご案内
  • フクダリーガルのしくみ変革に対する関わり
  • 社員と会社の約束の具体的内容(Q&A)
  • 社員と会社の約束 
  • 私達の仕事の本質と将来像
  • 行動指針
  • 中・長期目標
  • サービスポリシー
  • 個人情報の取扱い(採用)
  • 個人情報保護方針
  • 個人情報の取り扱いについて
  • メールニュース登録

    お名前
    Email
    詳細

    不動産リスクコンサルティング

    書籍