実録不動産トラブル#7 〜登記を信じて訴訟に巻き込まれた!−相続登記の無効〜

201X年X月X日、甲不動産会社から弊司法書士法人(FLC&S)は、A氏所有の不動産の購入を検討しているという相談を受けた。 


登記簿をみると、相続を原因に売主A氏名義の所有権登記がなされている。

 

しかし登記から1か月少々しか経過していない(相続からも2ヶ月)。「真正取得性」(登記の真実性)に問題がある可能性の否定できないケースである(「不動産取引に潜む危険2」参照)。

そこでFLC&Sが確認手続をとる事とした。

□仲介事業者に依頼して売主から戸籍及び遺言書のコピーを入手。

□遺言は被相続人Xが共同相続人A、B及びC(いずれも被相続人Xの子)のうちの1名Aに対して当該不動産を相続させるという内容であった。

□遺言書のみから判断すると遺留分(※)を侵害している可能性がある

□以上から、B及びCに対する確認(Aが相続する事及び今般不動産を売却する事について異論がない旨の確認)を売主サイドに要請したところ拒絶され、しかも状況についての詳しい説明もなかった(遺言によって一部の相続人に相続させる事自体から相続人間の良好ではない関係が想像できる)ため、FLC&Sの助言に従い売買は中止となった

□当該物件は後日同業の乙不動産会社が購入したが、その後遺言無効(遺言者が遺言当時認知症で意思無能力であったという主張)の訴えが提起され、現在訴訟係属中である。

※遺留分=一定の範囲の相続人に一定の相続権を保証する制度。

 



関連記事一覧
  • 実録不動産トラブル#15 直近の詐欺被害事例〜転売・仮登記という新たな手口〜
  • 実録不動産トラブル#14 登記の真実性の確認方法3〜前所有者への聴取は難しい〜
  • 実録不動産トラブル#13 手付詐欺!(最近の詐欺事例その2)〜国有地売り払いにまつわる「おいしい話」は未だなくならない〜
  • 実録不動産トラブル#12 自分の不動産が知らない間に他人の名義に!〜不動産オーナーも詐欺の被害に!〜
  • 実録不動産トラブル#11 最近の詐欺事例(なりすまし、偽造)〜K市の土地の売買代金4億円を詐取された事件〜
  • 実録不動産トラブル#10 売主の社長がニセモノだった!?〜会社の登記簿も信用してはいけない〜
  • 実録不動産トラブル#9「不動産売りますか」「はい」では売買無効!?〜高齢者の意思能力の問題は軽く見てはいけない〜
  • 実録不動産トラブル#8 −危ない取引は法務局で決済するのが安全?〜時代は変わっている〜
  • 実録不動産トラブル#7 〜登記を信じて訴訟に巻き込まれた!−相続登記の無効〜
  • 実録不動産トラブル#6 登記の真実性の確認方法2 最も確実な証拠は?
  • 実録不動産トラブル#5 登記の真実性の確認方法1
  • 実録不動産トラブル#4 危険なのは売買だけでなく相続も!
  • 実録不動産トラブル#3 登記を信じると危険!
  • 実録不動産トラブル#2 買取られて間もない不動産はここに気を付けろ!
  • 実録不動産トラブル#1 不動産詐欺事件はここに気をつけろ!
  • メールニュース登録

    お名前
    Email
    詳細

    不動産リスクコンサルティング

    書籍